恐ろしいショック症状 | ペットのノミダニ駆除はフィプロフォートプラスでしよう!

ペットのノミダニ駆除はフィプロフォートプラスでしよう!

恐ろしいショック症状

続けて服用するべき薬

ノミは非常に小さな虫で、大きさは平均して0.5ミリから1ミリ程度、大きなものでも2ミリ程度の大きさなので、パッと見てペットの体に住み着いているのかどうか判断し辛いという特徴があります。
その為、人によってはペットの体にノミがいるのに気付いていないという事もありますし、気付いていたとしても「こんなに小さいなら別に放っておいても大丈夫なんじゃないの?」と思ってしまい、何も対策を行わないという人もいます。
ですが、そんな小さなノミを放置していると最悪の場合ペットが命を落としてしまう事もあるのです。

ノミはアレルギー症状を引き起こす虫として知られていますが、このアレルギー症状というのは非常に恐ろしい物なのです。
軽度のアレルギーの症状として「患部の痒み」という物があるのですが、この痒みにペットが耐え切れず、患部を掻いてしまう事があります。
その際、強く患部を掻いてしまうと体に傷が出来てしまいますが、その傷から雑菌が入り込んでしまったり、感染症になってしまう事もあるのです。
また、アレルギーの症状の中には「アナフィラキシーショック」と呼ばれる過剰なアレルギー反応があります。
この症状が現れるとペットが心停止状態に陥り、そのまま命を落としてしまう事もあるのです。

非常に小さな虫であるけれども、放置していると確実ン位ペットの体に悪影響を及ぼすノミ……もしもペットの体の表面を飛び跳ねるゴマ粒のようなものを見つけたのなら、ノミが身体に居る可能性が非常に高いので、フィプロフォートプラスなどの駆除薬で駆除を行いましょう!